My Only ON & OFF

Issue 01 2017FEB.新井まるさんのON

現代に生きる女性たちが、それぞれのライフスタイルで見せる「ON」と「OFF」の表情─。アートWEBメディアを運営する新井まるさんにとって、「ON」の気持ちのときは様々な出会いが起こるよう。彼女ならではのメイクの楽しみ方や想いを探ります。

  • ONを読む
  • OFFを読む

カラフルなメイクの世界が大好き

「最初にメイクをしたのは、たぶん小学生のとき。祖母が化粧品のお店をやっていたので、化粧品は幼少の頃から身近な存在でした。なかでも色とりどりのアイカラーにときめいていましたね」。そう語る新井さんは、イラストレーターのご両親のもとで、生まれてすぐに絵を描きはじめたほどのアート好き。メイクアップのカラフルな世界にもすぐに夢中になったそう。

新井さんは、世界の様々なアートに触れるなかで、日本ではまだまだ「アート=敷居が高いもの」というイメージが強いことに気づいたとか。女性たちにもっと気軽にアートを楽しんでほしい、そんな想いから26歳という若さで起業し、WEBメディア「ガールズ・アートーク」を主宰しています。「仕事中は基本ONモードです。取材や打ち合わせなど、人と接する機会は多いほうですね。メディアの代表としてお会いするので、メイクもただ楽しむのではなく、相手にとってのマナーを意識するようになりました」。

ラインをひいて、スイッチオン

慌ただしい朝は、メイクの時間をゆっくり取ることがなかなか難しいもの。新井さんは10分ほどでスピーディにメイクを仕上げてしまうそうです。「朝のまどろんだ雰囲気から一瞬でモードチェンジできるアイテムといえば、リキッドタイプの『アイライナー パーフェクト』ですね。私は歳より若くみられがちなので、ONのときはキリッとした印象に仕上げたいんです。キャットアイを意識してラインを引くと、表情も気持ちも引き締まる気がします」。

さらに目もとに奥行きを出すアイテムとして、新井さんが重宝しているのが「アクアレル アイズ」の08。「どんなシーンにもマッチする絶妙なブラウンで、大好きです!リキッドタイプだから伸びがよくて、よれにくいのもうれしいですね。この上にパウダーのアイカラーを乗せると奥行きが出るので、組み合わせ次第で色々な表情が楽しめます」。

レセプションでは華やかさをプラス

一日中外出で、ギャラリーや美術館をハシゴすることも多いという新井さん。「よく歩くので、すっかりヒールの靴は出番がなくなりました(笑)。以前はカラフルな服を好んでいましたが、今は黒などのシンプル&シックなファッションが多いです」。アートと対峙するときに、ニュートラルな気持ちでいられることが大切なのだそうです。

「企画書を持ってお取引先へ営業に伺う機会もあります。20代女性で会社の代表というと、本当に大丈夫なの?と心配されるケースも正直あるんです。信頼していただくためにも、メイクや身だしなみには気をつけなければと思っていますね。品格や清潔感などは常に意識しています」。

レセプションパーティに行くときは、いつものメイクを少しアップグレード。「ラインを太めに引き足したり、キラキラのアイカラーやカラーマスカラで遊び心とモード感をプラスしたり…、メイクを思いきり楽しみます」。

友人からヒントをもらうことも

新井さんは最近、はっとするほど鮮やかな赤いリップに目覚めたのだそうです。「友人たちが誕生日にプレゼントしてくれました。自分では選ばないカラーだったのですが、つけてみると周りの評判もよくてびっくり。唇が荒れやすいので、『オー レジェール グロス』をベースにつけて、ツヤを仕込んでからリップをのせます。このグロスは香りもジューシーでお気に入り。緊張する打ち合わせのときも、この香りが自分らしさを思い出させてくれるんです」。

今いちばん興味があるのは、「アートグッズを作ること」だそう。「好きなアート作品をいきなり購入するのはハードルが高いけど、スマートフォンのケースやポーチなどの雑貨なら手を出しやすいですよね。いかにアートを身近に感じてもらうか、がテーマ。やってみたいことはたくさんあります」。

Profile新井まる

アート専門webマガジン「 girls Artalk 」代表
株式会社maru styling office 代表取締役
アートエバンジェリスト協会 会長
一般社団法人デザイナーズスキル認証機構 理事

イラストレーターの両親のもと、幼いころからアートに触れ、強い関心を持って育つ。
大学時代からバックパッカーで世界38カ国を巡り、美術館やアートスポットなどにも足を運ぶ旅好き。広告代理店に営業として3年間勤務の後、アパレルEC部門の販促に約1年間関わる。その後、一念発起して独立。アート専門webマガジン「girls Artalk (ガールズ・アートーク)」を立ち上げ、アートの魅力を伝えることに日々奮闘している。

RECOMMENDED ITEM

新井さんのお気に入りアイテム

  • エレガンス アイライナー パーフェクト
  • エレガンスアイライナー パーフェクト
    意志ある眼差しを作るなら

    品格の表情を演出する、ブラックのアイライナー。目尻をポイントにキリッと太めにひくことで、女性らしいしなやかな強さが生まれます。

    DETAIL